富士山の撮影へ

先日富士山の撮影に行ってきました。

 

今回は結構長いです。
キリがないので途中時系列で書いていきます。

 

今後クレヨンで絵を描く題材の一つに富士山のある風景のゴールデンアワーもしくはブルーアワーを考えており、4/20(土)にその参考写真を撮りに行ってきました。

ゴールデンアワーとは日の出、日の入り直前の一瞬、その名の通り空が金色のような燃えるような色になる時間帯のことです。

ちなみにブルーアワーは日が昇る時のゴールデンアワーよりさらに前、そして日が沈んだ直後の蒼い空色の時間帯を指します。

 

自分の中で考えている絵のテーマ性として、人工建造物を入れない自然景観はできれば日没時よりも日の出の方のゴールデンアワー、ブルーアワーを描きたく、どうしても夜が明ける前から現地で準備をしておく必要がありました。

 

今後風景画を描いていく上で参考資料として現地でできるだけ理想像に近い撮影をしてくることは重要で、カメラ初心者ゆえまずは計画立案から実行(撮影)して帰宅するまでの流れを体験してみようと思った次第です。

仮に今回うまくいかなかったとしても、その課題点を修正して次回以降の撮影に生かせばいいくらいの気持ちで実行に移しました。

 

ちなみに先に述べておくと、今回これから綴る出来事はマイカーを持っていれば何のこともない話です。すべてはそれだけで解決できます。

多少の想定外はあるにせよここまでのサバイバルになるとはこのときは思ってもいませんでした。

 

2+