K-1 CHALLENGE 対ブランコ・シカティック
K-1 CHALLENGE 対ブランコ・シカティック

B3 マーメイド紙 / クレヨン
2014年

解説

極真を脱退しグローブファイトに転向して3戦目の対戦相手は前年(1993年)K-1王者のブランコ・シカティック。下馬評では圧倒的にブランコ有利だったが、ここでもアンディは非凡な才能を見せ、パンチでダウンを奪い判定勝ち。この大金星でアンディは一気にK-1のグランプリ優勝戦線に絡んでくると思われた。