1982年生まれ。埼玉県出身。

小さい頃から絵描きになりたいという漠然とした気持ちはあったものの、事情により絵とは別の道を進む。しかし大学4年次に時間を作り油絵教室に通うようになってから徐々に絵に取り組むようになる。当初は油絵だったが呼吸器系があまり強くはなく揮発性の溶剤を用いて描くことに疑問を持ち、他の画材を探る。制作を普段のライフスタイルに溶け込ませることができることなど総合的な観点から結果的にクレヨンにたどり着く。現在は会社員として勤める傍ら制作活動を続けている。

モットーは自らの絵を通して感動と情熱を伝えることである。今回の作品たちは心の奥底の声をアンディ・フグというモチーフを通して表現したものである。見る人に勇気を与えられるような絵を描きながらクレヨンの魅力や可能性を発信し続けていく。