荒川 三作目-⑬

続いては水管橋です。


この風景はポピー畑だけでも十分に綺麗なのですが、水管橋が良いアクセントになります。

 

ちなみに水管橋について簡単に説明を。


水管橋とは、水道管が川や鉄道などを横断するための橋です。


ちなみにこの荒川水管橋は日本一長い水管橋だそうです。


水を送る橋のため、人も車も渡れません。

 

まずは赤いアーチの部分。


下描きのあと赤、えんじ色等で描いていきます。

 

水管橋を下描き

水管橋を下描き

 

水管橋を色付け

水管橋を色付け

 


奥の方に行けば行くほどアーチは細く見えるので、はみ出さないように慎重に描きます。


とは言ってもはみ出すのでそこは上手く修正しながら描いていきます笑


その次は水が通る水道管を描きます。

 

水管橋の水道管を描く

水管橋の水道管を描く

 

水管橋を描いたことによって、より風景に遠近感が出てきたと思います。

 

水管橋を描いたら、その手前と奥の生い茂った木々を丁寧に塗り重ねます。


緑の色も変えながら距離感を出していきます。

 

水管橋の手前と奥の木々をもう一度塗る。

水管橋の手前と奥の木々をもう一度塗る。

 

いよいよ完成が見えてきました。

 

 

0